その他

「意外とテンパる」正しい名刺交換マナーを紹介

こんにちは、かめこです。
「名刺ってどうやって持つんだっけ?」「どっちから渡すんだっけ?」と、迷った事はないですか?今回は正しい名刺交換のマナーを紹介します。

正しい名刺交換方法

1.相手に名刺を渡す
「※の~と申します。」と言いながら、名刺渡しましょう。(※社名が入ります)
地位の高い人から順に渡します。

初対面で誰が一番地位が高いのか分からない時は、年齢が一番上に見える人から渡します。
上司と一緒に商談に出かけた際は、上司が渡した後、あなたが続いて渡していきます。必ず全員に名刺を渡します。

ポイント1:【名刺の渡し方に注意する】
名刺交換では、名刺の渡し方に注意しましょう。
1.名刺は相手向きに渡す(自分からは文字が逆向きに見える)
2.両手で名刺の上(相手から見て)の角2つを持つ
3.文字に手が被らないように渡す

ポイント2:【名刺の高さに注意する】
1.名刺は自分の胸の高さで渡す
2.相手より高い位置から名刺を渡さない
3.同時に交換する時は、相手の手より下で渡す

2.相手の名前を復唱する
「ちょうだいいたします。」と言い、両手で名刺をもらいます。相手の名刺は自分の胸の高さに持ってきます。相手の名前を声に出して確認しても良いです。

3.もらった名刺を机に置く
商談中、もらった名刺は机の右上に置いておきます。
相手が複数いて名刺を何枚ももらった時は、右上に相手の座順で名刺を置きます

4.名刺入れにいれる
話し合いが終わったら、名刺を片付けます。
名刺入れがない時は、手帳に挟んでも良いです。

関連記事