健康

「小陰唇の大きさ、左右差が気になる」私の小陰唇縮小手術の体験談と、良いクリニックの探し方を紹介

数年前、私は小陰唇縮小手術をしました。

ネットで情報を調べても情報や体験談が出てこないのが難点な、この手術。 今きっと不安な気持ちをかかえていますよね。私が受けた時も情報が少なかったのでとても不安でした。

今回は、
・手術の体験談
・クリニックの選び方、金額
・良いクリニックを探す時のポイント
・手術の痛み
など紹介していきたいと思います。

何年も悩んで考え直して、でも気になってでも怖くて。 手術したいけど勇気が出ない方に、少しでも参考にしていただけると嬉しいです

1.クリニックの選び方

部位が部位なだけに、なるべく人に相談せず一人で解決したいと思っていた私。そんな私がクリニックを探す時にしていた選び方はこちらです。

電話&カウンセリングでクリニックの雰囲気をチェック

自分に合いそうなクリニックを探す手段として良かったのが
電話をかけること&(近ければ)実際にカウンセリングを受けてみる
でした。

私はデリケートな部分なだけに、
・安心して任せられる
・クリニックの雰囲気が良い

ところを探していました。

まずはカウンセリングや電話をしてみたり、クリニックの印象や先生を検索してみて、どれだけ有名か、件数をこなしているのかを確認しました。

・医師の経歴を見て安心できるなら、クリニックの人たちの対応より先生の技術を見た方が信頼しやすいと感じたり
・絶対にリラックスできる空間じゃないと嫌だと思うのなら、先生の技術より空間や接客が良いところの方が信頼できると感じたり
人によって感じ方は違いますよね。

実際に足を運んでみて、自分が一番納得いく場所で手術するのが良いと思います。

電話対応にクリニックの雰囲気や人柄が出る

まずは気になるクリニックには、片っ端から電話をかけることをおすすめします。これは個人的な感想ですが、私は電話対応にそのクリニックの人柄がでると感じました。

デリカシーな部分を手術を受けようと思っている方にとって(私もそうでした)、一番大切な事は「そのクリニックがいかに信頼できるか」ところだと思います。それが電話受付にはよく出ているなと、私は個人的に思っています。

これは一例にすぎませんが、ある東京のクリニックでは、その先生の著書を読んで「この先生なら信頼できる」と思って電話をかけたのですが、電話カウンセリングで印象が変わってしまったことがありました。
例えば「そういう人は少ないですよ」「え、どういうことですか?」など、こちらに共感するどころか、「そんなに悩んでるんですね。笑」とバカにしたような態度をとられてしまいました。
話していて「この人本当にあの本を書いた人?」と疑ってしまいました。
なのですぐに決めてしまうのではなく、まずは電話をかける事が大切だと思います。

他にも電話の後ろで誰かがガハガハ笑っているようなクリニックや、予約をとるだけなのに一苦労するようなクリニックもありました。
こういうところは、実際に来店しても良い印象はなく、余計に不安になりました。

一瞬でも不安になってしまうのなら、もう一度クリニックを考え直した方がいいと思います。カウンセリング(問診なし、会話だけ)を無料でしているところが多いので、行ける距離にあるのなら必ず行ってみてください。

家から近いクリニック、泊できる場所を探すこと

手術をしたいけどどこですべきか分からない時は、近さを優先させた方がいいと思います。(遠出していても、長くその土地のホテルに滞在できるのであれば遠くでもいいと思います。)

その理由は、手術後は動き回れないからです。事実2日ほど完全安静が必要でした。

ホテルをとる方は、何かあった時のために最低2日(快適に過ごせるようになったのが2日目だったため)は滞在する気でいる必要があると思います。

口コミは大切。安い・高い値段に騙されないで。

口コミはとても大切です。そして値段に騙されないようにしてほしいなと思います。
私は手術を経験して、高いから良い安いから悪い、と言い切れないと思いました。むしろ一番大切なのはクリニックとの相性でした。

口コミは良いけど値段が安いから不安という指標は持たなくていいと思います。これは逆を言えば、口コミは悪いけど値段が高いから安心とも言えません。

2.良いクリニックを探す時の大切なポイント4つ

・口コミが沢山あるクリニックを探す

口コミはさくらが交じっている可能性があるから信用できないという人も多いですが口コミは大切です。そもそも部位が部位なので口コミ自体が少ないんですが…

その中でも小陰唇の部分の口コミがある程度あり、なおかつ評価が高いのはそのクリニックがかなり件数をこなしていることが分かります。口コミが全くないところは、件数も少ないという事が言えると思います。

・評価は絶対に見て!

そして口コミで評価が3、もしくは3以下は私の感覚では、電話をかけても印象が良くなかったです。

電話をかけても、
・うしろで誰かの声がしたり
・詳しい事については分からない返答をされてしまったり
・親身に話を聞いてくれなかったり
・無理に他の勧誘をされそうになったり
・無責任な発言をしたり
という感じだったので、評価が低いところは安心できない可能性が高いです。

・男性の先生も探す

分かります。部位が部位だけに、初対面や会って2回目の男の先生に見せるのはちょっと…と思ってしまいますよね。気持ちめちゃくちゃ分かります。私もそうでした。でも…

・絶対に男性のお医者さんでも探した方がいいです

その理由は、選択肢が増えるからです。例えば女医さんに見てもらうには、遠出しないといけなかったり、距離的にカウンセリングにも行けなかったりがあると思います。そうなると手術だけでも体への負担が大きいのに、さらに体に負担をかけてしまいます。

私は家からできるだけ近いクリニックを選んだ方が、体への負担は少ないと感じました。ぜひ男性の先生も、検討してみてはいかがでしょうか?

でも・・今まで男性に下半身を見せたことがないという方や、自分が世の中で一番ひどいんじゃないかと思っている人は、きっと男性に見てもらうのは怖いですよね。

でも先生はどんなものでも見慣れています。それに見た事ないくらい大きかったり、左右差があるものでも、良いクリニックの先生は何も言いません

だからこそ、もし行きたいクリニックが男性の場合でも遠いけどここは女性の先生だから行ったことがないから不安だけどここは女性だからで選ぶのではなく、

男性だけど信頼できそう、家から距離が近くて安心して手術できそうを選んだ方がいいなと思いました。

・気遣いの言葉があるかどうかも大切

電話や実際にクリニックを訪れた際に、ぜひ注意してみてみてほしいのが受付の人や、電話に出た人に気づかいの言葉があるかどうかを見る事も大切です。

例えば、電話をかけるだけでも、こちらの気持ちを察して
「最初は皆さん不安になられてますよ」
「手術は不安ですよね」
「同じような悩みを抱えている方多いですよ」
というように、一言付け加えて話してくれるだけでガラッと印象も変わりますよね。

冒頭でも紹介したように、電話対応にクリニックの人柄がかなりでます気遣いの言葉があるかはとても大切です。

気になるクリニックにはかならず電話してみましょう。

3.手術中、術後の痛み、術後の変化について

・手術中の痛みについて

手術中、痛みは全くと言っていいほどありません。ただ最初の麻酔の注射がとても痛いんです。私は痛いと聞いていたので、かなり怖がっていましたが

実際やってみると「あれ?思ったより痛くないかも」と思いました。例えるなら、誰かに一瞬めちゃくちゃ強くつねられているという感じ。麻酔が効いてからは全く痛みはなかったです。

・手術時間について

この手術は基本的には30~90分くらいのものらしいです。私は麻酔も含め60分ほどでした。

クリニックによっては寝ている間にやってくれるというところもありますよね。ただ私は特に痛みもなかったので、必要はないと思いました。

・帰りの電車で激痛がやってきた

痛みは帰り道で道でやってきました。歩いていると、もう歩けない!と思ってしまうくらいの激痛で、手術前の注射より痛かったです。

※痛み止めをもらえた場合は、早めに飲んでおくことをおすすめします。

・術後の変化について

術後の変化には、こんなものがありました。
・下着に擦れなくなった
(痛みが減った)
・コンプレックスがなくなった
そして手術前から聞かされていた変化として
・尿が一方向に飛ばなくなった
(小陰唇が小さくなったため、飛び散る可能性が出てきます)

3つ目に関しては、デメリットに感じる人もいるかもしれません。
この手術では、事前に形などを決めずただ切ってもらうものが多いです。
なので術後綺麗にはなりますが、想像していたものと違ったりする可能性が高いんです
そういった部分が、デメリットになりやすいです。

そのため、本当に気になる人しか手術をおすすめしません。

4.手術当日の傷について

気になるのが手術当日の傷やちの量ではないでしょうか?(怖さを減らすためにひらがなで書いてます)

ちの量はどれだけ切り取った部位の大きさにもよりますが、当日はかなりあります。私はかなり量があり、さらに数日程ちが出続けていたので余計に怖くて不安になりました

ですが2日目の夜からは安静にしていると、次の日はかなり量が減りました。3日目は軽く付く程度でした。そこからは軽く付く程度が続き、休みつつ日常生活も送れるようになりました。

クリニックの指定する目安は全く充てにならない事も・・

クリニックでは2日目からは普通に働けるなど言われるかもしれませんが、全く充てにならないです。私は3日間は安静にしていました。そうじゃないと傷口が開いてしまうと思ったからです。

もし休みを取る場合は、クリニックが言っている目安よりも多めに取る事をおすすめします。

私の術後の経過について

手術当日:痛い&ちの量が多い(トイレの時滴っていました)
2日目:安静にしていれば軽く付く程度&動き方によっては痛みあり
3日目:2日目と同じ
4日目:ほぼちなし&触ると若干の痛みあり
5日目:気にはなるけど無理しない程度に動ける
6日目:5日目のような日が続く
2週間後:シャワーが怖くなくなる。ほぼ違和感なし。
1か月後:違和感なく過ごせる
半年後:日常生活に支障なし。手術したことも忘れる

5.金額について

金額はクリニックによっても違いますが、20万~30万が一番多いです。高いですよね。でもこれが一番多く、平均的な金額だと言えます。中には、安いところで15万、高いところだと40万という金額もみた事があります。

さらに遠出するなら、旅費もかかります。ホテル代、食事代、手術費用、通院(ある場合は)、遠くに行けば行くほど、お金は必要です。遠出するなら、手術費用+10万は用意すると思っておいた方がいいですね。

社会人やバイトしてる人ならともかく、学生で収入がない場合は、金銭的にも難しいですよね。お小遣いやお年玉を貯めて成人してから受ける、時給の高いバイトを始めて貯めるなど、計画を立てておいた方がいいですね。とにかくお金がかかる手術なので、お金は貯めておいて損はないです

6.私が手術を受けようと思ったきっかけ

私がこの手術を受けようと思ったきっかけは、形に自信がなかった&大きすぎる(左右差が気になる)と思っていたからです。

女性同士でも中々確かめ合う事ができない部位であるからこそ、一度気になりだすと気になって仕方がなかったんです。それに、検診の度に恥ずかしい思いをしたり「相手がどう思っているんだろう」という考えで苦しむのはやめたいと思いました。

やってみて良かった?悪かった?

私は良かったです。気になる部分がずっとある方が辛かったので、やってよかったと私は思います。

「やろうかなぁ~どうしようかなぁ~」と迷うレベルなら絶対しない方がいい

私はやってよかったと思っています。ですがどうしようか迷っているレベルなら、絶対におすすめはしません

その理由は、術後にかなり痛みがあるからです。それにプチ◎形くらいの数日で治るようなものではなく、少なくとも1ヵ月は期間を見ておかないといけないです。価格も高額です。

本当に本当にそれがしたいのか、本当に本当に悩んでいるのかをよく考えてからするのが良いと思いました。

以上が私の経験談です。今、一人で悩みを抱えて悩んでいる方の参考になれば幸いです。

関連記事