【実験】子供が嚙み倒して悲惨な歯ブラシを復活させてみた

子どもが噛んでボロボロになった歯ブラシ…買いかえれば済む話ですが、出来る事なら長く使いたいですよね? 今回は、子どもが嚙み倒して悲惨な状態になってしまった歯ブラシの復活法を紹介&実験していきます。

子どもが歯ブラシをダメにしてしまう
買ったばかりなのに数日で歯ブラシがボサボサ

そんな悩みありませんか?
買いかえれば済む話ですが、出来る事なら長く使いたいですよね?
そこで今回は、子どもが嚙み倒して悲惨な状態になってしまった歯ブラシの復活法を紹介していきます。

あの悲惨な歯ブラシを綺麗に復活させる方法とは?

復活させる方法は超簡単。

1.65℃以上の熱湯に30秒以上浸ける
2.冷水に浸し、形を整える

たったこれだけ!
という訳で…
さっそく姪っ子(4歳)の歯ブラシでやってみました。

【Before】  →  【After】

お?綺麗になってますね!!
横から見てみましょう。

【Before】  →  【After】

!!!!!!

横から見るとよく分かります🤗
次は先端から見てみましょう。

【Before】  →  【After】

先端から見ると、かなり変化が分かりやすい!!
これは大成功と言えるのではないでしょうか?😆

かなり嚙み倒した悲惨な歯ブラシへの効果は?

こちらは姪っ子が2歳の頃に使い、見事に嚙み倒された悲惨な歯ブラシです。

【Before】  →  【After】

一応?軽くはボサボサが抑えられているような…?
しかし年月が経ってしまっているせいか、あまり効果を感じないですね…
早いうちに処置をした方が抑えられるようです…🤔

まとめ

いかがでしたか?
おうちにあるボサボサ歯ブラシでぜひ試してみてください。
参考にしていただけると嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございました!