google-site-verification=hkcPkwLSSHXtdTMRz3GUhmj1Oi_S28KU49ut3Yoi-rI

【アラジン】”実写映画”が迫力満点で歌も最高だった!

【アラジン】”実写映画”が迫力満点で歌も最高だった!

2019年6月7日に公開された実写版【アラジン】が最高に面白かったです。人生で一番って言いたいくらい‥3回も観に行ってしまいました。

まだ映画を観ていない方は、
「実写って話が分かってるのに、何がそんなに良いの?」
「今まで実写になって良かった映画はない!」
「良い、良いって言うけど何がそんなに良いの?!」

と疑問だらけですよね。

アラジンが最高だったので、キャストや面白かったポイントを書いていきたいと思います。

アラジンのキャスト

アラジン役 メナ・マスード

この投稿をInstagramで見る

Mena Massoudさん(@menamassoud)がシェアした投稿 – 2019年 4月月17日午前10時35分PDT

メナ・マスードさん、カッコ良すぎてもはや二次元?なんですが、なんとこれまでに目立った作品はなく、ほぼ無名の俳優さんだったんです。
映画では歌以外でもキレッキレのダンスを披露するのですが、歌もダンスも熱心に練習されたそうです!

ジャスミン役 ナオミ・スコット

この投稿をInstagramで見る

Naomi Scottさん(@naomigscott)がシェアした投稿 – 2019年 6月月7日午前10時04分PDT

こんな綺麗な人どこで見つけてきたの?!
と叫んでしまうくらい美人で演技も歌も上手なナオミ・スコット。すでに結婚されています。ナオミさんは2019年公開が決まっている【チャーリーズ・エンジェル】にも出演予定です。

ジーニー役 ウィル・スミス

この投稿をInstagramで見る

Will Smithさん(@willsmith)がシェアした投稿 – 2019年 6月月6日午後5時56分PDT

様々な映画でおなじみのウィル・スミス。実は一度、ジーニーのアイコンを壊してしまうのではないかという思いからオファーは断っていたと言います。
ウィル・スミスのインタビューで明らかになりましたが、驚くことに青いジーニーは100%CGなんだとか。

アラジンの歌が最高だった

「アラジンの実写って何がそんなに良いの?」と言われたら、
歌!!!!!と即答します。
本当に歌が良すぎました!なんでそんなに歌うまいの~~~~!!

特にジャスミン役のナオミ・スコットさんが歌う「Speechless」という曲が最高に良かったです!後半でジャスミンがSpeechlessを歌うのですが、場面と相まって感動で何度見ても涙が出ました。

全部の歌が壮大で、思わず手足が動いて踊りそうになります。映画の雰囲気も相まって”ディズニーランド”に行ったような感覚にもなれました。

ジニー役のウィル・スミスがはまり役過ぎる!

この投稿をInstagramで見る

Will Smithさん(@willsmith)がシェアした投稿 – 2019年 4月月29日午後3時14分PDT

ウィル・スミスさんが完璧にジーニーになっています。早口で話すところや、鋭くて面白いツッコミをする場面なんて、本当にジーニーのままでした。

ディズニー映画のジーニーがそのまま実写されているわけではないけど、その違うさえも逆に良いポイントとしてとらえる事ができるくらい、ウィル・スミスがはまり役でした。

興味の出た方はぜひ映画館に足を運んでみてください!

error: 右クリック禁止!!