google-site-verification=hkcPkwLSSHXtdTMRz3GUhmj1Oi_S28KU49ut3Yoi-rI

あわや大惨事、ヴィックチョウ後遺症を告白

オリジナル⇒【NOWnews 今日新聞專訪/周渝民凌空墜馬驚魂 腿留永久性傷害   記者:羅凌筠

ヴィック・チョウはデビューから20年、警察、武将、殺し屋なを演じ、多くの後遺症を残した。

ヴィックチョウは、「忠烈楊家將」の撮影を振り返る。
当時カメラの後ろには大勢の見物人がおり、彼が乗っていた馬が大勢の人達に驚いて暴れ、彼が手綱を引かなければ、馬が群衆に突入する危険な状態になった。手綱を強く引っ張ったところ、馬は前足を高く上げ、お尻を地面に落とし彼の左足を巻き込みながら地面に倒れんでしまう。余りの痛みに彼は自分の足が切断されるかと思ったが、幸いにも怪我だけで済んだそうだ。

彼は衝動的に演技に挑むため、防具なしで撮影に挑んだ結果、左ひざ、腰、脊椎に後遺症を残してしまった。
股関節を痛め、現在は「横蹴り」すらできない状態だ。今回『逆局』を撮るにあたり、彼は防具着用を要求し、アクション指導にも、衝動的に演技をしてしまっている時は引き留めてでも防具を付けるよう指導して欲しいと話をしていたようである。
実際に刑務所で殴られる場面では何度か引き留められた。コンクリートから僅か数センチという場所での危険なアクションにも関わらず、彼は体を温めるとすぐ撮影に挑もうとしたのだ。スタッフたちに優しく引き留められたヴィックはチームに安心感を覚えたという。

聡明な弁護士の役を演じる為に、周瑜民は撮影チームの法律顧問に多くのアドバイスを求めた。同じ言葉でも、普通の人と弁護士でどこが違うのか。言葉一つ一つの空白時間を何度も修正した。この役のおかげで、口達者になりましたか?と尋ねると「もともと口が達者です」と笑った。夫婦間の意見の相違があるのは当たり前だが、それでも彼は妻を言い負かすようなことは楽しくないと語る。夫婦間で喧嘩が始まると感じた時は冷静になり、根本の問題から解決しようとするそうだ。

ヴィック演じる梁炎東が警察に落胆し、警察を見捨てるという点では、彼自身も芸能界に対して同じように感じている。ヴィックは「芸能界は好きではない」と断言しており、F4のメンバーとしてデビューすると人気を博し、母に「バイト行ってくるね」と家を出ていた頃は、まさか芸能生活が20年にも及ぶとは思いもしなかった。有名人になるという事はプライバシーをさらされる事でもある為、彼は常に『引退』を考えていたそうだ。そんなヴィックを変えたのは『戰神~MARS~』の撮影だ。性格が全く異なる双子に挑戦した事で、俳優として初めて達成感を満喫し、演技に対する情熱が180度変わったという。

今回は若手監督 莊絢維と陳冠仲の共演。この2人のスタイルは自由で、ヴィックは「まず俳優が脚本をどう解釈するかを知ったうえで、俳優のやり方に合わせてくれました」と話す。ヴィックはこのようなタイプの監督に初めて会ったわけではないと打ち明けた。俳優自身で役を作っていかなければならないのだ。例えば、ヴィックの演じる梁炎東は非常に冷酷という設定なのだが、ヴィックは梁炎東に哀れむ心を持つ人間性を取り入れたいと提案したそうだ。つまり劇中の梁炎東はヴィックによる脚本を解釈した結果という事だ。

『逆局』の撮影では、ヴィックが遊園地でプロポーズをするシーンがあるが、彼は自身のプロポーズを思い出した。彼女に「結婚しよう」と言ったその一言が妻にとっては骨に染みるほど感動的だったようで、先日家族3人でコーヒーを飲みに出かけた際に、妻が「こんなロマンチックになったのはプロポーズ以来だね」と突然言ったそうだ。何もロマンチックな事しなかったのかと驚いた筆者に、彼は結婚後の生活なんてものはごく平凡なもので、幸せとはロマンチックかどうかではなく、小さな幸せの積み重ねだと語った。妻の肩を抱きながらソファーで映画を見る事も彼にとっては小さな幸せなのである。『大宋宮詞』の撮影が終わり、彼は1年以上休息期間を設けた事で、多くの時間を5歳の娘と一緒に過ごせたという。彼は「この年頃の女の子にとっては普通の家庭環境が必要だと思うんです。」と語った。

error: 右クリック禁止!!