蛍光ペンで暗記しやすい色はコレ!

蛍光ペンやカラーペンはテスト勉強や受験に必須の文房具
ですが…実は色によって効果が異なるのです
せっかくなら、しっかり効果のある色で勉強したいですよね。

という事で、今回は暗記に一番向いている色!とそれぞれの効果の違いについて、ご紹介していきたいと思います。

【目次】
・暗記にいちばん向いている色は…ズバリ!

・それぞれの色の効果

暗記に向いている色は…ズバリ!

あお

集中力・記憶力UP

青には集中力を高める効果があります。
文字を見た時に脳が集中するようになり、青で書いた部分は脳が集中して見るので記憶力がアップするんです。
確かに青色の文字って、なぜかスッと目に入ってきますよね。信号の進めの色が青だったり、お医者さんの衣装も最近だと青が増えてきていますよね。
そう考えると、色んなところで青色は活用されています。

また、青は勉強時だけでなく、怒った時、何かに集中したい時に、気持ちを抑える効果もあります。青の小物を持ち歩くのもおすすめです。

他の色の効果は?

あか

やる気UP

残念なことに赤色には脳を興奮させる作用があるので集中には向きません。
しかし、大事なポイントなどに赤を使うと、瞬間に見つけることができます。
赤は本能的に危険を感じる色なので、信号機にも赤色は使われています。
また、やる気がでない…そんな時にも、赤いものを置いてみてください。
じっと見ていると、やる気が出てくるはずです。

ピンク

リラックス

ピンクは気持ちを穏やかにし、精神を安定させてくれる色です。
病棟のカーテンに薄いピンクを採用しているのも、この効果からと言われています。
筆箱や小物にピンクを使って疲れた時などに見るのがおすすめです。

みどり

リラックス

緑にはピンクと同じくリラックス効果があります。
リラックスすると物覚えが良くなるので、実は暗記にはおすすめです。
緑はペンやマーカーよりも、置物や植物、部屋のインテリアなどで飾っておいた方が、リラックス効果で勉強にも自然と集中できるようになります。

きいろ

強調

蛍光ペンで使われがちな黄色ですが、黄色には赤と同じ、刺激の強い色なので、注意を促す色になります。 暗記には向いていませんが、目立たせる効果があるので、ポイントごとに使いようにしましょう。
赤と同様に使いすぎると、脳が疲れて気が散ってしまうので、黄色ばかり使っている時は気を付けた方がいいでしょう。
見逃してはいけない部分は黄色で線を引く
という使い方がいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
最近はたくさんの種類の色が増えて迷ってしまいますが、
是非これを参考にして成績UPを目指してみてくださいね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

好きな蛍光ペンの色で、あなたの性格丸わかり!

おすすめ

error: 右クリック禁止!!