【七五三】なぜ3歳・5歳・7歳で祝うの?意外に知られていない由来を紹介

男女3歳、男5歳、女7歳で祝う七五三。どうして3歳は男女なのに、5歳は男の子だけで、7歳は女の子だけなのか、と疑問に感じませんか?

今回は3歳・5歳・7歳で七五三を祝う由来について紹介していきたいと思います。

【七五三】なぜ3歳・5歳・7歳で祝うの?意外に知られていない由来

男女3歳の意味

3歳のお祝いは「髪置」と呼ばれます。3歳は子どもの毛から、大人の毛に生え変わるとされています。そのため男の子は、この時期に一度髪の毛を剃って、また伸ばし始めるという儀式がありました。その儀式が現在まで残ったものが、3歳のお祝いです。

昔人々は、髪の毛から災いが入ると信じていました。そのため昔の男女共に、髪の毛の先が隠れるよう、中へ織り込むように結っていたと言われています。

男5歳の意味

5歳のお祝いは「袴着」と呼ばれています。5歳になると男の子は、一人の大人として自覚し成長してもらうために、袴をつけた儀式を行っていたそうです。それが5歳のお祝いです。今でも男の子に短剣を持たせるのは、大人になった証を意味するためです。

女7歳の意味

7歳のお祝いは「帯解」と言われています。女の子は、7歳から大人の女性になるために、少しずつ修練を積み始めます。それまでつけていた付け紐をはずし、大人の帯を巻く着物に変えるための儀式をしていました。それが現在の7歳のお祝いです。

七五三が広まったきっかけ

七五三が広がるきっかけになったのは、『七つ子祝い』という風習が関係しています。昔、子どもは7歳になるまで神の子とされていました。そのため亡くなっても葬儀はしなくて良い、と言われていたのです。神の子なので、悪いことをしても罰が下ることもありません。

そして無事、7歳を迎えることができた子どもは、お参りをします。これは子どもが、社会的に認められる重要な儀式でした。この『七つ子祝い』の風習がきっかけとなり、七五三が広まったと言われています。

七五三、参拝の仕方

①まずは七五三のお寺の受付に行き、お守り、絵馬、千歳飴などを受け取ります。

➁そこから会場へ向かい、ご祈祷が始まります。

➂お坊さんの説法を聞きます。

④絵馬に将来の夢、目標を書き、奉納します。*書いた絵場は、2月3日に副火(炊かれる日)によって、天に届きます。

error: 右クリック禁止!!