ドラマ

ヴィックチョウ主演『追撃者~逆局~』 第8話 インク ストーリー感想

こんにちは!
コンビニで生理用品を買ったら尿取りパッドでした、てつこです。
あれってパッケージも形状も似てるからややこしくないですか?💦
というわけで、今回も頑張りましょう!

※中国語字幕(『逆局』)での鑑賞です。日本版とはセリフや内容に多少の違いがあるかもしれません※
※筆者が人の名前を覚えられないのであだ名をつけています。本人とは一切関係ありません※
※日常会話程度しか語学力がないので、内容に間違いがある可能性があります※

おっちゃんに襲われ、攻防戦を繰り広げるヴィックでしたが、看守に見つかり引きはがされます。
その後もヴィックをジッと見ていたのはサイボーグ主任。
彼はしばらくその場に立っていましたが、立ち去ってしまいます。

ホンマこの拘置所意味なしてないやろWW
そしてヴィックがあえて傷をもらいに行ってる気がするのは私だけかな?この人Mっ気あったりする?

ジャイアンの父親へ聞き込み調査が行われます。
「息子はいつだって冷酷だったよ。どうせ拘置所の中でも私の名前を使って好き放題やってたんだろ。まあ犯人がわかったら一報入れてくれ。そしたらこいつ(の遺体)も持ち帰ろうじゃないか」
淡々と冷静に答える父親の姿にレンフェイは疑問を持ちますが、「父親はルー記念病院の代表取締役で、息子がこんな奴だ。いい親子関係だったと思うか?」とリーダーに諭されます。

来たよ来たよ黒幕。
グラサンかけてるけど絶対この人黒幕やわ。
なんか雰囲気松平健みたいやな。
初登場がグラサン&ミステリアスは物語の鍵を握ってるってアニヲタ界では常識やからな。

各メンバーから捜査報告が行われます。
インイーとぱっつん君からキャッツアイの案件について

・今も消息不明
・5か月前にルー記念病院を辞職
・同僚の証言で辞職の原因は精神異常
・発見された赤ちゃんはキャッツアイの子どもではない
・赤ちゃんと被害者とのDNA照合は早くて来週結果が出る

という報告をしました。

お、ぱっつん君なんか存在感出し始めた?
ぱっつん君にこれから何かが起こる前兆かな?うん?
トラブルに巻き込まれるキャラって巻き込まれる前に発言率が高くなるのよね。
今後のぱっつん君に注目してみよう!

メガネから拘置所殺人の案件についてヴィックの言葉を頼りにおっちゃんの捜査を始めたと報告し、映像を見せます。
それはヴィックがおっちゃんの弁護をしていた頃のニュース映像でした。
「ちょっと待て。これはヴィックか?」驚くレンフェイにメガネが
「暴行殺人犯を弁護するレイプ殺人犯、おもしろいじゃないか」と皮肉を言うと、ストーンが報告を続けます。

・妻は再婚
・結婚して3年後に妻はがんを患い、連れ子(娘)を残して死去
・娘を男手一つで育てる
・2013年に娘が家庭教師だった学生から性的暴行を受けるも家柄の関係で不起訴処分
・判決から数か月後に家近くでおっちゃんがその学生を殴って殺害

「ヴィックはどうして犯人がここまで明確に分かってるのに言葉を濁していたんだ」と疑問を持つレンフェイに
「自分が無実になるようにし向けてるのかもな」とメガネは答えますが、
レンフェイはその答えに納得しません。
メガネ…まず黙ろうか💢
最後はリーダーが
「まずおっちゃんについてしっかり調べる!
そこから共犯者の可能性を調べよう。
まだヴィックへの疑いも消えたわけではない。」と締めくくります。

ミンヤンと待ち合わせをしたレンフェイは『スネ夫の会話記録のデータ』を受け取ります。
「すっかりヴィックの道具扱いですね」とレンフェイがからかうと「例の物渡さねぇぞ」と言います。
ミンヤンは「冗談だよ」と言うと大きな茶封筒を渡し、
「何か知らんがお前の欲しかったもんだろ?」と問いかけます。
レンフェイが封筒を開けると中にあったのは看守の経歴書でした。
「なあ、おっちゃんの共犯者ってのは目星付いてるのかよ」
という問いにレンフェイが「看守…先輩の同僚です」と答えると、複雑な表情をします。

リラックスしていて、信頼し合ってるんだなあって伝わる場面ですよね。

早速メンバーの宇ちゃんに経歴書を元に捜査をして欲しいとお願いをしたレンフェイはスネ夫の音声を確認します。

女:そんな大金どこから出てきたの?
ス:ネイルサロン開きたいって言ってたじゃないか。これだけあれば10店舗出してもおつりがくるぞ
女:スネ夫…
ス:まあ話を聞けって。君は大丈夫だから。俺が薬をやめて、何年か経って俺が出所すれば一緒に楽しく暮らそうよ。
女:あなたどんな罪を犯したの?簡単に出て来られるような罪じゃないでしょ?
ス:(出る)方法があるんだよ。もしかして俺を信じてないのか?
女:あなたを信じてるからここに来たんじゃない

ここでレンフェイはもう一度聞きます。

ス:もしかして俺を信じてないのか?
女:あなたを信じてるからここに来たんじゃない

ここでヴィックの言葉を思い出します。
「人を甘い言葉で惑わし罪を被せる。犯人の力はとてつもなく大きいんだ。」

私の語学力不足です!すみませんっ!
これのどこがどう重要やねんって感じですよね💦
この部分はもう日本語版のプロの翻訳を待ちましょう(*’ω’*)

医療室で治療をしてもらっていたヴィックの横に太っちょ囚人が座ります。
「また喧嘩か?あんたもホントついてないねぇ」
気さくに声をかけてきます。
誰の事にも興味がないと言い張る太っちょ囚人でしたが、突然ヴィックの出所を手助けすると言ってきます。
「君、何かを盗られたんだろ?あれは停電の時に檻の中を検査したからだよ」
その言葉にヴィックは驚きを隠せません。

こういうお節介焼きおっさん日常におるよな。
いきなり近づいて来たかと思ったら「やり方教えたろか?」とか言うてくるおっさん…
スポーツジムで実際にあった話なんですが…
おっさんに「中国語勉強してんの?」と言われ、
「俺教えたるで。『ショウビョウ』これ何の意味か分かるか?」と一方的にクイズ出されたんです。
一応考えたんですよ。でも『ショウビョウ』なんて中国語聞いた事ないし…💦
何の事かと思ったら腕時計【手錶】の事だって言うんです!笑
正確な【手錶】の発音は『ショウビャオ』なので、『ショウビョウ』では絶対に分かりません。
だから「『ショウビョウ』じゃなくて『ショウビャオ』ですし、四声間違えてます」
って教えてあげたら近づいて来なくなりました 笑
そもそも学習歴半年の初心者に訂正させるなよって感じですよね💦
私の中国語の上達速度が異常だとよく友達が話してるので、私じゃなかったら引っかかってたかもしれないですが
(;^ω^)
ちなみにそのおっさん、いろんな人に変な勧誘をしてたみたいでジム出禁になりましたWWWW

【俳優豆知識】

この太っちょ囚人の俳優さんは『イタズラなkiss』にて入江直樹(ジョセフチェン)のお父さん役で有名になった方です。
ヴィックとは共演していませんが『山田太郎ものがたり』では太郎ママの過去話でママの執事を演じていました。
そこから20年俳優活動をしていなかったようです。
ヴィック以上に久しぶりの俳優活動復帰&囚人役ということで、台湾メディアを賑わせました。

おっちゃんへの取り調べを始めるレンフェイ。
あらゆる証拠を示して共犯者を聞き出そうとしますが、
おっちゃんは「私が一人でやった。婦女暴行犯が許せないんだ」と頑なに単独犯だと答え続けます。

絶対口割らねえよって姿勢ですよねえ…
2013年にデビューしたとは思えない演技力ですよね。

画面を見ている副所長の下に主任が現れて「娘と過ごしたいから」という事で長期休暇申請をします。
休暇を認め、主任の背中を見送った副所長がジッと見ていた画面には防犯カメラに映るジャイアンと看守の姿がありました。

この看守…主任かな?
もしかして共犯が主任とわかった副所長が面倒事になるからと長期休暇と言う形で主任を追い出したのかも。

手の傷を心配するレンフェイに「やわな事を言ってる場合じゃない。時間がないんだ」とヴィックは資料を求めます。
スネ夫、ジャイアン、ヴィックが襲われた時出勤していた看守の名簿を見せるとヴィックはすぐに分別します。
「ミンヤンが言うには、サイボーグ主任は家の用事で長期休暇を取って、急に着任してきたそうです」
その言葉を聞いたヴィックはサイボーグ主任が軽く足を引きずっていた事を思い出します。
「足が悪いんじゃない。腰だ。どうして今まで気づけなかったんだ…」
とスネ夫を発見した時のサイボーグ主任が不自然だった事を語り、
「主任は恐らくおっちゃんのような動機がある」とレンフェイに教えます。

近い近い!!(/o\)
何それ今回はレンフェイ攻めの縛りプレイってやつですか?←違
そればかり気になって話が入って来んWWW

「警察の奴ら俺たちの事を嗅ぎつけた」
慌てておっちゃんに伝える主任におっちゃんは腕をつかみ
「俺にはもう守るものがないが、お前には娘という守るべき人がいるじゃないか」
と励まし、「早く行け!気を付けろ!」と先に行くよう促します。
ヴィックはプロファイリングを始めます。
「司法の不公平に対する不満から正義の鉄槌を下したいという気持ちに駆られればたちまち怪物のようになってしまう」

何この急に始まった青春の1ページみたいな場面は…www
主任ちょっと乙女な顔になってるし 笑

ヴィックの言葉から、主任は婦女暴行犯に奥さんを殺されたのだと推測したレンフェイは宇ちゃんに確認。
「奥さんは2か月前に自殺。その影響で娘さんは重度の躁うつ病を患っている。」と教えてくれます。
性的被害はないかと聞くとヴィックの言葉通り奥さんが被害に遭っていたと知ります。

ムホッムホッ
縛りプレイからの焦らしプレイが邪魔して話が入ってこない←おい!
やっぱヴィックはMなの?←何の話してんねん

長期休暇を申請した主任は慌てて身支度をしますが、主任の携帯に1通のメッセージが入ります。
【ボスがお前を探してる】
それを見た主任は慌てて看守所を後にします。
すれ違うように看守所に到着したレンフェイは主任が長期休暇を取ったと聞くなり、主任のデスクを捜査します。
没収品の書類にもヴィックのペンについては書かれておらず、引き出しを開けるレンフェイ。
引き出しの中にあった名札をよく見ると裏にジャイアンを殺した時に付着したと思われるインクがありました。

ここまですれ違えるかってレベルのすれ違い。
「俺達に証拠はない!」って自信満々に言うてたのに証拠を残すお茶目な主任 笑

自宅で急いで荷造りをする主任の元に娘が帰ってきます。
「お前も荷造りをするんだ…ここを出るぞ…」
訳が分からず「明日も授業あるんだけど」と反抗した娘に
「学校の事は言うな!荷造りをしろと言ってるのが分からんのか!」と怒鳴りつけます。
我に返った主任は落ち着いた口調で「学校には休暇の申請をしておいた。」と言い聞かせようとします。
「どうしたの?何かあるなら言ってよ。一緒に考えたら解決できるかもしれないじゃない。」
娘は主任に意見を言いますが
「もう時間がない。20分でここを出るぞ。携帯も置いて行け」と冷たくあしらいます。
主任の家に到着したレンフェイは宇ちゃんから名札に着いたインクがジャイアン殺害の凶器のペンと一致したという報告を受け、インターホンを鳴らします。
しかしそこにはもう誰もいませんでした。

一瞬やけど、娘がきゃりーぱみゅぱみゅに見える←そこ?
娘役の子の紹介はまた改めて。
というか主任のタラちゃんヘアーに笑ったのうちだけかな?😅
あの帽子の中にこんなふさふさが隠れてたとは…笑

車に戻ったレンフェイはもう一度主任の経歴書を確認し、娘の携帯電話を確認するとSNSで検索をかけます。
するとそこには彼氏と仲良さげに笑う写真の投稿、そしてプロフィールには通っている高校の名前も書かれていました。

SNSに顔をさらしたり本名書いたり連絡先を連動させてると怖い理由はこれ。
マスコミもSNSから被害者の写真とか報道してますからね。
ちなみにてつこ氏顔出してるやんって思いますが、あれは加工しまくって原型留めていないですからね 笑

ヴィックとニット帽は連続バラバラ殺人の容疑者の名前が読み上げられる報道を見ています。
「お前の推理のままじゃねえか。
お前がここ(拘置所)に来てから人がたくさん死んでるんだぜ。お前一体何者だよ」
ニット帽から嫌な顔をされるヴィックは突然ジャイアンの事を聞き出そうとします。
「興味本位で関わらない方が良い」
と話題をそらされましたが、引き下がらないヴィックは
「ジャイアンが殺されたのはなぜだと思う」
と質問を変えます。
「元々問題児だったし、起こるべくして起こったと思うけどね」
と言われ、「初耳だ」と言葉を漏らしたヴィックを見てニット帽は
「御曹司らしいけど、奴の家族は一度も面会に来た事ねえんだよ。
病院経営してるって噂だぜ。本当か知らねえけど。」と情報提供をします。
「病院…」
静かに言ったヴィックはじっと正面を見据えます。

確かにニット帽の立場じゃ怖いよな💦
ブツブツ推理してるかと思ったら、拘置所殺人が連続で発生するんやから…

「週刊誌フェンのジーと申します!連続バラバラ殺人の容疑者について取材したいんですが…」
病院ではジー記者が看護師相手に質問をしますが、『取材NG』を貫いて全く答えません。
スマホで盗撮した映像を見て看護師の目の動きや仕草を観察し、
犯人とこの病院に何か関係があると掴んだジー記者は検索をします。
『臓器移植手術の拒絶反応で患者が死亡 熱血弁護士による病院との攻防交渉』という見出しを見つけクリックすると、

・2020年8月30日にキャッツアイが陳さんの心臓移植手術を行ったが失敗。
・死んだ陳さんの妻 玉さんによる訴訟。ヴィックが弁護人となった

という記事と共にヴィックの顔が掲載されていました。

お、これを考察して記事にしていくのかな?
てか何この子、心理学者か何か?
NARUTOでもヒナタvsネジの戦いでネジがブツブツ言ってたような…(知らない人すみません💦)
斜め上を見るのはその光景を思い出してる?とか
そこから下を見るのはそれが本当の事?とか
まあヴィックが披露してる考察ショーもこれを応用してるんやけど、行動心理学的を勉強してない人間にこんな芸当は無理かと。
能無しチームより優秀ちゃうんこの子www

「妊婦を守れ。何かあったら俺も援護する」とぱっつん君とインイーに伝えるリーダー。
「これはこれは、あの有名な北西エリアの方々じゃないですか!」と誰かが声をかけます。
あ、ヴィックを捕まえた七分けカツラ刑事やん。
顔見るだけでムカつくからカツラって呼んだるわっ!
「俺たちの管轄に何か用かな?」と皮肉ってくるカツラにインイーが「目撃者がたまたまここに入院しただけです」と答えます。
「いつでもその案件引き継いでやるよ」と自信満々に答えるKPOPにいそうな若手刑事にぱっつん君がキレそうになりますが、リーダーが鎮めてカツラ組と別れます。
「おい、あのリーダーまで来てるって事はここに犯人が来る可能性がある。
お前はここで待機していろ。おれは連続バラバラ殺人の状況を確認してくる。」
カツラはKPOP刑事にそう言うと走り去っていきます。

【俳優豆知識】
このカツラ刑事を演じている俳優さんは『次の被害者』など最近のドラマにも出演していますが、
F4ヴァネス主演のドラマ『秋のコンチェルト』にも
マフィアの若頭役として出演されていたようです。
全然変わってなくて…それほど若くなくてビックリしますよ 笑
元々老け顔なんですかね?💦

妊婦は無事男の子を出産し、エレベーターに運ばれますが、そこにはキャッツアイの姿が…
我が子にデレデレのインテリ男に「あなたを護衛させていただきます」とリーダーが伝えにきます。
「そんな大げさな事しなくてもいいですよ」とまたもや謎の自信満々インテリ男でしたが、
ぱっつん君から「あなたと奥さんが狙われる可能性は大いにある」と言われ納得します。
キャッツアイは颯爽と更衣室に向かい、開いていたロッカーから白衣を盗み出し羽織ります。

♪見~つめる キャッツア~イ♪ってBGMがかかりそうな華麗な素早い変装ですな。
というか警察も誰か1人監視カメラチェックさせとけっ!
も~無能なんだからっ!

別で捜査をしていたレンフェイは主任娘の通う学校に張り込みます。
するとSNSに映っていた彼氏を発見し、追いかけます。
ホテルには退屈そうに問題集を開く娘と、手術の結果を待つ家族のようにソワソワしている主任がいます。
「昨日はすまなかった。あんな大声を出してしまって…」
会話をしようとした主任は娘に「いつになったら事情を話してくれるのよ」と痛い所を突かれます。
「あの…パパの中でちゃんと理解出来たら話すから」
そう答えた主任でしたが、娘は「お腹空いた」と言って出ようとします。
「帰ってきたら本当の事話すよ」そう伝えて見送る主任でしたが、気が気ではありません。

『帰ってきたら本当の事話す』…
見事に死亡フラグ立ちましたねっ!
よっ!綺麗にシャンとそびえ立ってますね!主任の死亡フラグ!

娘はポケットからスマホを出すと何か操作をします。
アカンアカン!
置いて行け言われてたやろ~!
年頃の娘あるあるやな。
彼氏を追っていたレンフェイはビジネスホテルに到着。
ホテルから女の子が現れ、「何でか知らないけどパパがここに行こうって言い出してさあ」と話しています。
この女の子が主任の娘だと確認するとレンフェイはメガネに連絡します。
あらら~『人の口に戸は立てられぬ』を見事に体現してくれていますね~
娘がホテルに入り、主任は部屋で家族写真を愛おしそうに眺めます。
ドアノブが回され「帰ってきたか」と顔をほころばせますが、施錠されたドアノブを何度も回す様子に主任の表情は強張っていきます。
レンフェイは客を装って娘と同じエレベーターに乗り合わせます。
おいそこ。意味深に見つめ合うな 笑
エレベーターの扉が閉まろうとした瞬間、鈍い音と悲鳴が聞こえ、慌てて外へ出たレンフェイは主任の飛び降り遺体を発見します。
フロントのおばさんいい表情してるわ~
スタッフも落ち着きすぎやろ←どこ見てんねん
後からその姿を確認した娘は静かに大粒の涙を流し、それを見たレンフェイは慌てて娘背を向けさせ、幼少の自分と娘を重ねます。
鑑識から幸せそうな家族写真を見せられたレンフェイはヴィックの言葉を思い出します。
【司法の不公平に対する不満から正義の鉄槌を下したいという気持ちに駆られればたちまち怪物になってしまう 】

これは辛いわ~
お母さんもお父さんも自殺とか…

黑スーツとヴィックが面会室で話しています。
「玉さんを探せと言われても、見つけられないんですよ。他に証人はいないんですか?」
と話し、ヴィックがいないと答えると黑スーツは
「裁判が始まってから何度も言ってますが、最後通告ですよ。
罪を認めれば刑を軽くできます。よくお考えになった方が良いですよ」
と言い残して出て行ってしまいます。
庭の剪定をしている男…ジャイアンの父親に一通のメッセージが届きます。
【CEO 檻の中の犬はもう鳴きません】
それを見るなりマツケンは超極悪人の含み笑い方をします。

ヴィックの無力感が悲しい😢
ほらほら!黒幕説濃厚やん!
というかアニヲタ界の常識はここでも当てはまるのかw

まとめ

いかがでしたか?
ハラハラドキドキしすぎて心筋が鍛えられますね。
これを見終わる頃には心臓がマッチョになってそう 笑
最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事