google-site-verification=hkcPkwLSSHXtdTMRz3GUhmj1Oi_S28KU49ut3Yoi-rI

現在『Flower Flower』のyuiとして活動する、元YUIの生い立ちと経歴

現在活動休止中のYUIですが、Flower Flowerというバンドでyuiとして活動しています。
私がYUIを好きになったのは、小学生の時。
彼女のなんとも言えない透き通った声と、独特の歌詞から、一気に彼女の事が好きになりました。
声だけではなく、可愛らしいルックス、しっかりしてそうに見えて天然な話し方をするところも好きでした。

そんなYUIは1987年3月26日生まれ福岡県出身のシンガーソングライター
YUIは3歳のころからお父さんがいなかったので、母親一人に育てられました。
母は仕事で忙しく一人で食事をすることが多かったと、のちに雑誌の中で語っています。
その時によくラジオで音楽を聞いていたことと母の影響が、音楽を始めたきっかけだったそうです。

その後中学ではバスケットボール部と陸上部を掛け持ちしていました。
『陸上の大会に出たことがあるが、始まってすぐにポールを倒してしまって失格になってしまった』という天然な話をMステで語っています。
高校生になると、学費を稼ぐため大好きなちゃんぽんのお店で働いていましたが、過労で入院。退院後、高校を退学しています。

その後音楽塾『ヴォイス』入学。
この時、覚えたてのコードで作った曲が『Why me』
そしてこの曲で、ギター片手に、路上に座りこむスタイルで弾き語りをし始めました。

その後音楽塾からの勧めで、ソニーグループのオーディションを受けることになったYUI。
この時、紺色のTシャツを着ていたらしいのですが、なんと歯磨き粉がついていたという天然エピソードが!
このオーディションはのべ2万人が参加し、選考では2曲歌うことになっていたため『why me』『It’s happy line』を披露したYUIでしたが、そのあと「どうしてももう一曲聞いてほしい!」と勝手に3曲目『I know』を歌い始めました(笑)

そして優勝を勝ち取り、ソニーミュージックに所属。
なんと審査員全員が高得点だったそうです!
そして『feel my soul』でデビューしたのです。

この時、初めてMステに出演したYUIでしたが、緊張しすぎて言葉がカミカミになっていました。
まだ小学生の私にさえも分かってしまうくらい、緊張が画面越しに伝わってきました。
あまりに緊張していたので、母に『お母さん、この人めっちゃ緊張してない?』と言ったのを覚えています。笑

この時、みんなが立って歌う中、YUIだけ地面に座って歌っていてことも話題になりました。

その後『Tomorrow’s way』や『LIFE』『TOKYO』と新曲を出すも、次々と映画の主題歌や、ドラマの主題歌となり、一躍時の人となったYUI。
ぼーっとしているような所も魅力でしたよね。

その後YUIは何度もMステに出演するのですが、めちゃくちゃ緊張しいで、歌うまでに時間があると緊張で歌えなくなるという理由から、いつも演奏はトップバッター。
そんなことが何年かありましたが、その後Mステにも慣れ、タモリさんとのトークや他のアーティストの間に演奏ができるようになりました。

そしてついに映画『タイヨウのうた』で女優デビュー。
病気で日に当たれず、夜中に公園でギター片手に歌を歌う少女を演じました。
この作品で新人俳優賞を受賞します。

この時映画でも起用された『Good bye days』がオリコン週間シングルチャートで3位となり、自身の代表曲の1つとなったのです。

その後も勢いはとどまるところを知らず、恋心を歌った『CHE.R.RY.』は携帯電話のCMにも起用され、春の定番ソングとなりました。そして『My Generation』『LOVE&TRUTH』『Namidairo』『Laugh away』『OH YEAH』『SUMMER SONG』と次々にヒット曲を連発しました。

しかし・・・この年の秋、制作活動に専念することを理由に、1度目の9か月の活動休止を発表。この期間中、YUIはロサンゼルスに母と一緒に行っていたそうです。

しかし「HOLYDAYS IN THE SUN」のアルバムを出すと同時に復帰。このアルバムではオリコン1位を獲得。休止のブランクなど全く感じさせず、この活動休止後、ますますYUIの名前は知れ渡っていくようになりました。

そしてこの時、話題になったのが「HOLYDAYS IN THE SUN」のジャケット写真。

YUIの今までのアルバムやCDのジャケットは一切笑顔なしだったのですが、このアルバムのジャケットでは笑顔になっていたことが、当時話題となりました。

復帰後、めざましテレビで活動休止の真相を語ってくれるのですが、YUI曰く、『走っていて、景色がすごく早く過ぎていって、その景色が一瞬過ぎて見えなくなっていて、もったいないなと感じていた。だからその景色を一度じっくり見てみたいと思った。』という言い方をしていました。

うーん、YUIらしい・・。

↑と事実上、制作活動が目的という理由でしたが、実際はYUIがやりたい音楽の方向性と、会社の方針が合わず日々ストレスを抱えていたそうです。YUIは音楽で勝負をしたかったのですが、会社がYUIをアイドルのような扱いをしていたことや、ルックスを押し出すやり方に、不満を感じていたと言われています。

しかし復帰後、相変わらず天然トークも健在で、again….It’s all too much…Never say die….とまたもや次々とヒット曲を連発、次々と映画の主題歌、アニメのテーマソングとして起用されます。

そして『GLORIA』は、進研ゼミのCMでも起用されました。YUIをよく知らない人でも、思わず口ずさんでしまうメロディーでしたよね。

私は『GLORIA』が特に好きで、この曲の歌詞が、学生のころ聞いた感じと、大人になって改めて聞いた感じで、意味が違って聞こえるところも好きです。

この頃も新曲が出るたびに、Mステ出演していたYUIですが、相変わらず天然トーク連発で、でも話し方がクールなギャップが可愛いかったです。YUIが出る週のMステ、そして夜中の音楽番組も録画していました。

『ライブハウスで、帽子を深くかぶっていたら、目の前に同じTシャツの人がいて、避けようと思ったら同じ方向に動いて、何度もすみませ~んと言っていたら、実はそこに鏡があって、自分だった。』

『ライブ中に、3階~と叫んだら3階がなかった。』

『ライブ中に、サングラス(おちゃらけたやつ)が欲しくなり、急にステージから消えた。』

などトークの中で沢山と出てくるYUIの武勇伝。

その後も向井理、北川景子が主演を務めた『パラダイスキス』の主題歌『HELLO~Paradaise Kiss~』でも注目を集めたYUIですが、この頃からYUI=ギター片手にあぐらで歌う女子、から、YUI=おしゃれな女性、というイメージが付き始めたのです。

そんなこともあって、雑誌ではYUIのコーディネートが特集されるように・・・。その後も自身の曲がNHK全国学校音楽コンクールの課題曲に起用されたりと、華々しいアーティスト活動をしていました。

しかしそんな矢先、いや・・・そんな事があったからか・・、人気絶頂にも関わらず、YUIはまた活動休止を宣言。活動休止を宣言したこの年、初となる紅白歌合戦に出演し『Good bye days』を披露。そしてYUIとしての活動の一切を休止しました。

その後、ファン向けにYUIがどうして活動休止に至ったのか・・を、YouTube配信『MESSAGE from YUI』で語ってくれています。

そこでは赤裸々に自分の気持ちを語ってくれていて、その時YUIが長年抱えてきた葛藤や辛さを知りました。その言葉に、当時学生だった私の胸が締め付けられたのを、今でも覚えています。

この動画内で、どうして歌が歌えなくなってしまったのかは分からない、と言ったYUIでしたが、サラッと『また自分に追いつけなくなったのかな』と1度目の活動休止を思わせる発言をしています。

実際のところ、YUIという名前が有名になればなるほど、自分がしたい音楽とはかけ離れていってしまったことが最大の原因と言われています。ただしこの活動休止は、一から新しい事にチャレンジするという前向きなものだと、YUI自身が語っていました。

その言葉通り、翌年には『Flower Flower』を結成、『夏』『秋』『冬』『春』がリトルフォレストという映画に起用されました。他にも『神様』という、YUIのイメージとは正反対のめちゃくちゃカッコいい曲が、auのCMソングに使用されました。

そして妊娠、結婚、出産(男の子の一卵性双子)、離婚を経験したのち、『パワフル』という曲で、初の『Flower Flower』としてMステ出演。←歌詞間違えてましたwwYUIらしい一面が見れて嬉しかったです!!

これからもYUI、yuiどちらも応援していきたいと思います!

error: 右クリック禁止!!