台湾の人には贈ってはいけないプレゼントとは!?

こんにちは、てつこです。
さて…私はワーホリ終了まで残り1週間となり、最近荷造りをし始め1年間着た服や履いた靴を捨てる事になりました。
今回はその時に分かった台湾人に送ってはいけないもの紹介します。

台湾人にプレゼントしてはいけない物とは

私は昨日荷物を減らすため、台湾の友達グループに『これいる人!』というふうな無料オークションを開催しました。

1年着ていたと言っても、私の服はあまり使っていなかったので、捨てるのにはもったいないくらい綺麗でした。
こういう時台湾人は、実は日本人よりも『もったいない精神』がすごいのでめちゃくちゃもらってくれます。なのできっともらってくれるだろう、そう思っていると、案の定出した服や靴が瞬間に無くなりました

これはさすがにもらい手もないだろうなと思っていたボロボロのTシャツですら、日本のTシャツというだけでもらい手が見つかってしまいました💦(日本ブランドはすごいですww)

友達言わく、「うん…さすが日本。生地がしっかりしてる!」と分析していました。ww

私は大の大人ではありますが、キャラTが大好きです。そのためTシャツコレクションのほとんどがキャラクター物。しかしキャラクター物は台湾人も大好き、ということでコレクションを出した瞬間『可愛い!!』と声が上がり、競争するように服や靴をもらってくれました。

中でも日本の靴はとりわけ人気が高く、欲しい人が続出し、瞬間でなくなってくれてこちらとしてもとても有り難かったです。

しかしその後くつろいでいると、ある子が突然『あ!靴はもらったらだめだよ!てつこに10元でも渡さなきゃ!』と言い始めて、靴を引き取った友達が次々に私に10元を渡してきたんです。何の事か分からない私の手の上に10元がどんどん増えていきました。

台湾では靴をプレゼントしてはいけなかった!

この出来事の時に分かったことなのですが、台湾では相手に靴をあげるという行為は『その靴履いてとっとと消え失せろ!!』という…すなわち『絶縁状をたたきつける』ようなものだったのです!(^^;)怖
私の場合元々無料であげると言っていて集まってくれていたので、そんな風に受けとる友達はいませんでしたが・・(ホッ)

友達言わく、お金を相手に渡すと購入した事になるので、台湾では靴をもらった時は1元でも相手に渡す習慣があるとのこと。その習慣を私も友達もすっかり忘れて靴をあげて、もらってしまっていたわけなんです。

傘、時計もNG

ちなみにプレゼントに関しては靴だけでなく、

・傘
・時計


これもタブー視されています

その理由は発音です。
台湾では傘はサン、この発音が”散”(サン)にとても似ているので、
渡された方は傘から別れを想像してしまうと言います。
そして「時計をあげる」を台湾では「ソンジョン」と発音するのですが、
これは”最後をみとる”という意味に似ているのです…

まとめ

いかがでしたか?
台湾の方に贈り物をするときは、靴、傘、時計には気を付けてくださいね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事
台湾での日台結婚生活の現状とは…
お月見にバーベキュー!?台湾の中秋節の過ごし方を徹底解説!
日本男女と台湾男女の友達感覚、恋愛感覚の違いとは
台湾に住んで分かった日本人女性がモテる本当の理由