新東陽50周年イベントで初めてヴィック・チョウ(周渝民)に会ってきた話

2017年9月…
ワーキングホリデーで台湾生活を楽しんでいた私に
唯一のヴィック友達(前回登場した管理人さん)から突然…
仔仔ザイザイ (ヴィック・チョウ)がイベントに出る
との朗報が…!!
あの3年以上イベント皆無だったヴィックが!?
せっかく台湾にいるんだ、これは行かなきゃ!!

☆平日の真っ昼間
☆高速道路のサービスエリア

この鬼畜な程行きづらい日にちと場所…
私も語学学校の授業があるんだけどもうそんなの関係ねぇ!!
…休みます。
語学学校の先生に事情を説明してファンレターを添削してもらいました。

周渝民ゾゥ・ユーミンはヴィック・チョウの中国語名です。
仔仔ザイザイ (ヴィックの愛称)とも書きたかったのですが、同じ文字を繰り返すのは子どもやペット(パンダ)など愛くるしいものを呼ぶような表現なので、年上には失礼かと思ってやめました。
いやはや初めてラブレターを書く気持ちでドキドキしながら書いていました
(ラブレターなんて書いた事ないけど←オイ)
しかしイベント会場がサービスエリアという事で…
さて、どうやって行こうか…

てつこ氏の脳内

1.時間をかけてでも金をかけたくない(学校の授業料で金欠)
2.どんな方法でもとりあえず行って帰ってこられたら何でもOK

…結論

1.行きは最寄駅からタクシーで向かう
   私が住んでいる彰化から会場までタクシーで行くと超莫大な金がかかるので。
2.帰りは最寄り駅までヒッチハイクして帰ろう
   サービスエリアなのでとにかくサービスエリアから出られればいい。

ちなみに今回は台湾の老舗お土産屋『新東陽』50周年のイベントです。

出典:『新東陽』公式HP

イベント当日の朝。

まあ…彼を見るだけだし、お洒落な服なんて台湾に持ってきてないし…
普段着でいいや。
という事で現地の通行人と間違えられそうな超ラフな格好で行く事に決めました。
そして電車とタクシーを乗り継いで会場へ。

サービスエリアではステージの設置作業が行われていました。
日本の感覚だともう完成してる時間なのですが…汗
こういう所が台湾らしいですね 笑
お一人様で参戦の予定でしたが、情報をくれたヴィック友達が心配して日本から遠征するファンに声をかけてくれたのです。
私は顔もわからず、「yukikoさん」という名前とFacebookのページだけ教えられ、恐る恐る休憩所へ。

日本語を話している集団がいたので
「yukikoさん知ってますか?」
と聞いてみるも、チラリとこちらを見て無言スルー…
私は本当に困りましたが、分からないのでとりあえず付いて行くことに。
その集団がある場所で「こんにちは」と軽く挨拶をしに行ったので、
その人たちに「yukikoさん知ってますか?」とすかさず質問しました。
「yukikoって私だよ~!あ、あなたがてつこさん??」
先の集団に冷たくあしらわれていたのでyukikoさんの温かさに泣きそうになる私。
yukikoさん…?

そう、当ブログにて魅力的なヴィックの絵を提供をしてくれている
あのyukikoさんです!ここで出会ったんです。
「私ね、今回のためにこんなうちわ作ってきたんだよ~」
とyukikoさんが見せてくれたうちわが超可愛くて一緒に写真を撮らせてもらいました!

それからyukiko(以下改:ゆっこ)さんつながりでいろんな人達と交流しながら待機。
ファンになってからイベントも何もなかった空白の3年間…
情報をくれた方としかヴィックについて熱く語る事ができなかった私は、交流だけでもう大感激でした…
(ノД`)・゜・。サミシカッタ
先輩方々の協力もあり、かなりいい場所でステージを見られることに!
「初めて生で見るんでしょ?一番前で見たらいいよ」
と最前列を譲ってくれる優しい先輩方…(´;ω;`)ウゥゥ

結果…ヴィックのファンは冷たい優しい!!

うほー!
ファン歴3年の私にとったら生身のヴィックの為のステージなんて天国のよう!!
ここにあのヴィックが来るんだ!ワクワク…
上にある扇風機の数が物語っていますが、9月ともあってかなり暑い!!
アナウンスが流れると取材陣が一気にバスの方へ移動して撮影開始。
ヴィックかな!?と見てみるとキャンペーンガール?の女の子達でした。

なーんだ…と思い、撮影が終わるまで元の場所に待機。
この後ステージでこの女の子たちによるジャーキー早食い競争?が行われ、
私たちはヴィックの登場を今か今かと待っていました。
しばらくすると先輩方の動きに変化が…
「てつこちゃん!ザイ (ヴィック)のマネージャーだ!もうすぐ出てくるよ!!」
…と教えてくれるも、一体どの人がマネージャーかさっぱり分からない私…
(;’∀’)ゴメンナサイ
その時スタッフの後ろからスッと大きな影が…

ぎぃぃゃぁぁぁぁ♥♥♥
ドラマや画像でしか見ていなかった彼が目の前に…!!!!
初めて見る生のヴィック・チョウに思わず口を押えて震えてしまいました。
アイドルを見て泣き崩れる子の気持ちがやっと分かった瞬間でした。
とうとすぎる…
司会者の女性に呼ばれると微笑みながらステージに上がるヴィック。

司会の女性からいろいろ質問を受け、それに答える彼。
でも何言ってるか…分からん!!
あー!当時の私に中国語の聴解力ちょうかいりょくがあれば…( ノД`)
しばらく司会者とヴィックが話していると横からグラサンおじさんが登場。

今回のイベント主催でもある新東陽の社長のようです。失礼しました。
社長が持つ袋?の中から次々とジャーキーを取り出すヴィック。

期間限定パッケージの宣伝のようですね。
ここから5分ほど撮影タイム。
そして私たちにとっても絶好の撮影タイムです!
え?さっきからヴィックを撮りまくってるけど大丈夫かって?
台湾では何も言われない限り大丈夫なんですって。私もびっくりしました。
しばらく何かを話した後、いろんなポーズを決めるヴィック。
第二の撮影タイムです。

とうとい…
しばらくした後、司会者の言葉で突然取材陣がヴィックの元に押し寄せます。
そしてこんな感じに…

マイクよりも看板が大変そうだけど一度経験してみたい 笑
これが終わるとヴィックは社長とともに女の子たちがいたバスに向かいます。
「手紙を渡すなら移動してる今よ!」とゆっこさんに言われ、
取材陣とファンにもみくちゃにされながらも
移動しているヴィックの進行方向に立ち、
少女漫画のように両手でファンレターを渡す私。
ヴィックも両手で受け取ろうとしてくれましたが、
あと一歩でマネージャーに横から奪い取られてしまいました
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
それでも両手で受け取ろうとしてくれたヴィックの優しさに胸キュン❤
バスに到着するとまたもや撮影タイム。

写真からもわかりますが、人だかりがすごく、遠くから彼を眺めていました。
これでも少ないっていうんだから、昔はどんなに凄かったんだろう…(アイドル時代を知らない)
しばらくすると一斉にワーッと周囲がヴィックの元へ走っていきます。
「みんなで写真!!」
一人の中華系ファンのおばちゃんが叫びました。
なんとヴィックがみんなと集合写真を撮るというのです!
私は一番離れていたところにいたので最前列に…(;^ω^)


あまりにも急だったものでカメラを握りしめたまま 笑
もうちょいまともな服を着てこりゃよかった…
(;´д`)トホホ
よりによって奈良の鹿せんべい飛ばし大会ですよ…泣
スタッフよりもダサいです…
せっかくの尊いヴィックとのショットが…

ちなみにこの写真はいろんな報道で使われました。
てつこ氏、鹿せんべい飛ばし大会Tシャツで海外メディアデビューです。
このあとサービスエリア内で各店舗の宣伝?をしてまわるヴィックと社長。

「仔仔~!」「ありがとう!!」
イベントを終えて関係者とともに奥へと消えるヴィックにファンが必死に叫びます。

リアルでも尊かった…
後日のニュースにもイベントの様子がばっちり!

とうとうヴィックの姿が見えなくなり、満足して帰ろうとした私にゆっこさんが
「出待ちしたらまた仔に会えるよ!」と声をかけてくれました。
出待ちなんて初体験です。とにかく言われるまま待機しながらみんなとお話。
「集合写真なんて初めてだよね!」
「マネージャーが仔に助言したとか!」
「5年待っててよかった!」

…一番ファン歴が浅い私には何を言っているのか分かりません(;´∀`)
ただすごい事だったんだという事だけはわかりました。

私がヒッチハイクして帰る事を伝えると、先輩方からすごい勢いで止められ、車で来ていた台湾在住の先輩が近くの駅まで送ってくれる事になりました。

本当に…優しい!!(´;ω;`)ウゥゥ

という事で、かなり遅くなりましたが初ヴィックのイベントレポート終わりです。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

おすすめ

error: Content is protected !!