google-site-verification=hkcPkwLSSHXtdTMRz3GUhmj1Oi_S28KU49ut3Yoi-rI

赤い封筒にご用心!身の毛もよだつ台湾ホラー「屍憶 SHIOKU」ストーリー

こんにちは、かめこです。

台湾の田舎では、男性は「赤い封筒は拾うな!」と言われているのだそう。もし赤い封筒を拾ってしまったら…。今回は、不幸にも赤い封筒を拾ってしまった男性の話を紹介します。身の毛もよだつ台湾ホラー「屍憶 SHIOKU」をお楽しみください。

この映画は、主人公リョウ・チャオハオ(ハオ)と、霊感のある女子高校生リン・インイン二人の視点で物語が進みます。なぜ二人の視点が必要なのか、映画の後半に判明します。

「屍憶 SHIOKU」あらすじ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 『屍憶-SHIOKU』あらすじ&感想-1.png

リョウ・チョンハオ(ハオ)は、イーハン(恋人)と同棲中で、もうすぐ式を挙げる予定。そんな時ハオはジョギング中、奇妙な赤い封筒を拾う。封筒を拾った事で、ハオに奇妙な出来事が起こり始める。

「屍憶 SHIOKU」ストーリー

~リョウ・チョンハオ(ハオ)視点~

リョウ・チョンハオ(ハオ)は目覚めると、提灯がぶら下がる、気味の悪い部屋にいます。
見渡すと結婚式の衣装に身を包んだ花嫁を発見しますが、彼女はピクリとも動かず、顔は布で覆われています。布をめくろうとしたハオに「そろそろお時間です~新郎は準備を~」と、不気味な声が聞こえる。振り向くと、男二人が嫌がる新郎の両腕を掴み、花嫁のそばに連れていきます
新郎が「嫌だ!やめろ!」と暴れ腕が花嫁にぶつかると、動かない花嫁の首はガクリと落ち布がめくれます。なんと、布の下には顔面が腐り、白目をむいた女性の顔がありました

「はっ……!」と、飛び起きるハオ。隣で寝ていた恋人のワン・イーハンが「どうしたの?悪い夢でも見たの?」と、ハオに尋ねます。ハオは夢と分かると、恋人を抱きしめ、また眠りにつきました

夢でよかったです…怖すぎます。あの花嫁は何者なんでしょうか。
女性の顔も怖いですが、音の方が怖いかも。ちなみに花嫁の顔は、映画のポスター画像に載ってます(↓)

仕事前ジョギングに出かけるハオ。すると、イヤホンから「ぎゃぁぁぁぁ!」と叫ぶ女性の声が聞こえるます。不思議に思っていると、木の割れ目に挟まった赤い封筒を発見します。開けようとしますが、いつの間にか封筒は消えてしまいます。

家に帰りシャワーを浴びたハオは、自分の肩に身に覚えのない傷がある事に気づきます。
ハオが仕事に行こうとすると「寒いから」と、恋人のイーハンがマフラーを巻いてくれますが、その時「痛っ」と首に手を当てます。心配するハオを送った後も、イーハンは痛みで首をさすっていました

絶対赤い封筒拾ったらダメなやつ…。
最初の夢は、封筒を拾う事の前兆だったのでしょうか…?それとも予知夢…?
イーハンの首の痛みも気になります。

~リン・インイン視点~

場面は、霊感を持つ女子高校生リン・インインに変わります。インインは授業終わり、友達の足元に顔が半分無い犬の霊を見つけます。その直後、友達のスマホに犬が亡くなったと連絡が入りました

~リョウ・チョンハオ(ハオ)視点~

ハオは番組の企画で、霊媒師の元を訪ねていました。
そこでは「未婚で亡くなった女性は、家族が49日以内に女性の髪の毛、大事な物を赤い封筒に入れ男性に拾わせると、封筒を拾った人と結婚させる事ができる「冥婚(めいこん)」が語られています。 (女性は未婚で亡くなると成仏できず魂がさまよう、という男性優位の考えからきている)
収録終わり、電話するハオのを意味深に見つめる霊媒師。霊媒師はハオに「最近妙な事はありませんでしたか?」と尋ねます。ハオが何もないと答えると「全ての出来事には理由があります。気を付けて。」とだけ言い、去っていきました。

ハオさん、赤い紙って聞いたら朝のジョギングとリンクしませんか…。お願い!気づいて!
霊媒師の言葉からも、これから何か起こるのは確定ですね。

自宅に戻ったハオは、シャワーから出てきたイーハンにウエディングドレスを渡します。(イーハンがウェディングドレス試着の日だった事を忘れていたので、お店の人が家までドレスを持ってきてくれた。)

~リン・インイン視点~

インインは自宅マンションのエレベーターで不気味な音を耳にします。何かを感じたインインは急いでエレベーターから降りますが、玄関を開けようとした瞬間、背後に霊の気配を感じます。ガクガクと手が震え中々部屋に入れません。その間にも霊はゆっくり近寄ってきます。間一髪で玄関が開き、中に入れるインイン。

インインの様子がおかしいと気付く母。でもインインは霊の存在を母に言えずにいます。
その夜、クローゼットが勝手に閉まり、インインは目を覚まします。クローゼットを確認するが何もいません。
ベッドに戻り視線を落とすと、ベッドの下からインインのスリッパに手を伸ばす幽霊を見つけます。叫び声を聞いた母が部屋に飛び込むと霊は消えてしまいました
しかし霊が消えた直後、なぜか幽霊が触っていたスリッパが、綺麗に整えられていたのです…

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン.png

~リョウ・チョンハオ(ハオ)視点~

ハオの元に親友のヂャン・カイシアンがやってきます。ハオはヂャンに介添人を頼んでいて、式で流すDVDも作ってもらっていました

ハオは自宅でヂャンからもらったDVDを確認すると、写真に写る女性がイーハンとは違う顔をしている事に気づきます。
その日の夜、ハオは夢の中で天蓋付きのベッドを見つけます。布をめくると、花嫁衣裳を着た骸骨が寝かされていました。驚き棚にぶつかったハオは、ホコリの被った写真立てに気づきますが、写真を見る前に、目覚めてしまいます

次の日、ハオに異変を感じるヂャンは、一緒に霊媒師の元を訪ねます。そこでハオは、先祖代々から女性の霊に憑りつかれていると言われ、霊媒師からハオの先祖で奇妙な事件がなかったか、調べるように言われます。調べるとハオの先祖は手に切り傷があり、車に轢かれ亡くなった事が分かりました
家に帰ったハオがシャワーを浴びると、浴槽に女性の遺体が映し出されます。ハオはそんな事に気づく様子もなく、シャワーを浴び続けます。

~リン・インイン視点~

水泳の合宿に来たインインは、昔このプールで女性が亡くなった事を聞かされます。
練習中、プールで溺れている友達の足元を見ると、女性の霊が足を引っ張っていました霊はイーハンに気づき不気味に笑いかけます

インインの嫌な予感は的中。シャワー室から出たインインを狙い、その霊が飛びかかってきたのです。突然行方が分からなくなったインインを友達が探すと、インインは草むらで憑りつかれたように穴を掘っていました。なんとその穴にはプールで亡くなった女性の遺体があったのです。

気がつくと、インインは病院のベッドの上で、自分が穴を掘っていた事も覚えていません。駆けつけた母に霊が見える事を打ち明けるインイン。母は祖母の霊感体質を受け継いでいると言い、「霊はちゃんと埋葬されないと成仏できない。思い残したことがあって、この世にとどまっている。」と聞かされます。

~リョウ・チョンハオ(ハオ)視点~

ハオは先祖が亡くなった場所へ一人で向かっていました。その頃霊媒師は、ハオを守ろうと呪文を唱えるが、霊に呪いをかけられ自ら命を絶ってしまいます

ハオはそんな事も知らず、近くにあった屋敷を物色していると、先祖の記憶が蘇ります。ハオの先祖は、髪の毛の入った赤い封筒を見つけ、男たちに捕らえられました。その後、新郎の服に着替えさせられ無理やり遺体と式をあげさせられそうになります。(この時に手を切られます)
花嫁の体はぐにゃっと曲がり、顔の一部は腐り白目をむいていました。驚いたハオの先祖は逃げだし、その途中車に轢かれてしまいます。

地味に式の進行係の声が怖いです‥。霊媒師さんこんな形で終わるなんて(涙)

~リン・インイン視点~

その頃、インインの部屋のクローゼットがまた開き、ちがベッドの下まで広がっていました。
急いでカメラでベッドの下を連写するインイン。すると、そこには徐々に近づいてくる女性の霊が写っていたのです!!!!!

「ぎゃぁああああ」と叫び、リビングに逃げますが、逃げた先に霊が先回りしていて逃げ場を無くします。怖がるインインでしたが、よく見ると霊は泣いていました。インインは母の言葉を信じ、霊に近づき触ると、ある残像が頭の中に飛び込んできました

その残像を見たあと、インインは急いでマンションの隣の部屋に行き扉をあけます。中から腐敗臭がし、お風呂場には女性の遺体がありました。インインの部屋にいた霊は、隣の部屋の浴槽に放置されていた女性の霊だったのです。

部屋から飛び出したインインが出会ったのは、ハオの親友のヂャンです。なんと、インインの反対側にあった家はハオの家だったんです!!!ヂャンとインインはハオを救うため、夜中に車を走らせます。

~リョウ・チョンハオ(ハオ)視点~

目を覚ましたハオは、夢で見た写真立て発見します。ホコリを払い、写真を見るとそこに写っていたのは恋人のイーハンでした。

実はこれまでイーハンだと思っていたのは、先祖から憑りつく霊(夢に出てきたヤバい花嫁)だったのです。そして、ヂャンが用意してくれたDVDに写る女性こそ、本物のイーハンだったのです!!
逃げようとするハオに迫ってくる偽幽霊のイーハン。ハオは逃げられず、「ぎぃややややあああぁぁぁ!」と叫び声をあげます。

これまで幽霊と暮らしてたなんて、怖すぎます汗
ハオの「ぎぃややややあああぁぁぁ!」は地味に笑えます。

助けに来たヂャンとインインは、花嫁の遺体と一緒に寝ているハオを見つけます。ヂャンとインインは花嫁の遺体を土に埋め埋葬しました。
病院に運ばれたハオ。そこにはハオの手を優しく包み込む本物のイーハンの姿が。イーハンは優しく微笑みますが、目を覚ました頃には、イーハンは消えていました。

インインは、泣いていた幽霊(本物のイーハン)から見えた残像を思い返していました。
ある朝イーハンが目覚めると、一人で誰かに話しかけるハオを見つけます。(幽霊の女をイーハンと思い話しかけていた)
ハオの様子に異変を感じながら、かかってきた電話に出る本物のイーハン。電話を切り振り返ると、ハオに首をしめられます(女の霊の呪いがかかっている)。イーハンは亡くなる直前、ハオの後ろにいる女性の霊を目撃します。その後、ハオはイーハンを浴槽に入れました。

以上が、事件の全容だったのです。 最初ハオの肩にあった謎の傷は、イーハン(本物のイーハン)と争った時についたものだったんです。インインの前に出てきた幽霊(本物のイーハン)、スリッパを揃えてあげるところに、イーハンの人柄が出ていますね…涙が止まりません(泣)
ちなみに本物のイーハン役は、日本人女優の田中千絵さんが演じられています。めちゃくちゃ綺麗な方でした。

出典:AMUSE

最後までご覧いただきありがとうございます。気になった方は、ぜひ鑑賞してみてください。

error: 右クリック禁止!!