「嫌われるには訳がある」職場で嫌われる人の特徴7つ

こんにちは。
あなたの職場に「あの人、何だか分からないけど苦手だわ~」なんて人はいませんか?
なぜか嫌なのには、こんな理由があるからではないでしょうか?
今回は、職場で嫌われる人の特徴7つをご紹介します。

1.態度が悪い
2.人の欠点や失敗を言いふらす
3.悪口を言う
4.悪口に同調する
5.嫌いや苦手をすぐ表情にだす
6.派閥やグループに参加する
7.常にネガティブ。笑顔が少ない一匹狼
まとめ

1.態度が悪い

私語はダメと言われているのにペチャクチャと周囲に話しかけたり、ダラダラとやる気のない態度や、仕事内容をおろそかにしている人は周りから嫌われている率が非常に高いです。誰だって、仕事にやる気のない人と一緒に働きたくはないですもんね。

私の職場でも、ターゲットにニコニコ笑って相手にした後で、陰で愚痴や悪口を言っているのを頻繁に見かけます。自分が仕事をしないせいで、他の人に仕事の負担がかかるのは良くないですよね。

2.人の欠点や失敗を言いふらす

誰でも失敗や欠点があります。
それを鬼の首を取ったように周囲に言いふらすような人も嫌われやすいです。
言われた側は「じゃあ自分はどうなんだと。欠点も失敗もない完璧人間なのか!?」と思っちゃいますよね…。

そんな事をする人は逆に周囲からあら捜しされて、同じことをされます。
欠点や失敗にムッとし、周囲に言いふらして放置するのではなく、次に同じ事をさせないよう指摘して助言してあげた方がお互いの為にもいいのに…。

とは言っても相手を変える事は難しいですよね。もうこういう人なんだと割り切ってしまうと、案外楽に接することができるかもしれません。

3.悪口を言う

人を呪わば穴二つ。ミラーリング。やった事は自分に返ってくる。
いろんな言い方がありますが、やった事は本当に自分に返って来ます。
それを知ってか知らずか、悪口発言を始める人がいますよね。

そういった人は、かならず最後にはターゲットになってしまいます。
発端者同士がお互いの悪口を陰で言い合ってるなんて事も…💦

4.悪口に同調する

悪口や陰口を聞いて同調する人も、嫌われる率が高いです。
いくら悪口を言わないようにしていても、周囲に同調して思わず『私もこの前さ~!』と悪口にのってしまうと悪口を言っているのと同じこと。当然、周りからも「悪口を言う人」というレッテルが張られてしまいます。

もしあなたが悪口を言う人に近寄られたら…傍観して関わらない方がいいです。自分が言った事は必ず自分に返ってきますから。

5.嫌いや苦手をすぐ表情に出す

仕事やサークルなどで嫌いな人や苦手な人と話すと、すぐ嫌感が顔に出る人いますよね。
その気持ちを表情や言動に出すと、見た人はいい雰囲気ではないですよね?
睨む、しかめっ面、舌打ち、雑に物を扱う、陰で呼び捨て…
悪口を言わなくとも、こうして表に出してしまえばその人に対してだけではなく、自身のネガティブキャンペーンにもなってしまうのに…。なぜか嫌われる人はそれが分かりません。

6.派閥やグループに参加する

嫌われる人は必ずどこかの派閥やグループに入っているもの。だから自分を強いと思い込んで、周りをさげすむ言葉が出てきたりします。

もし相手がどこかのグループに所属しているなら、深入りしない方がいいでしょう。近づいたところで、そこには悪口や陰口が必ずあるのですから。

7.常にネガティブ。笑顔が少ない一匹狼

常にムスッとしていて、笑顔が少ない人も嫌われやすいですよね。
口を開けばネガティブな発言。笑顔もなく一匹狼でいると、周囲は気に食わず、粗探しを始めます。
結果、ちょっとした事で悪口を言われてしまうのです。

まとめ

恐らく思い浮かべたほとんどの方が、「1つでも当てはまっている事がある」と思います。
それほど周囲には完璧人間なんて存在しません。
欠点や失敗に怒り狂って悪口や陰口を言ってしまうのもまた人間です。

しかし周りがひどい人たちだからと、あなたも同じようにグループに入ってしまっては、元も子もありません。ひどい人には「なんなの~もう知らない!」と放っておく・気にしない事が大切です。
少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

おすすめ

error: Content is protected !!