google-site-verification=hkcPkwLSSHXtdTMRz3GUhmj1Oi_S28KU49ut3Yoi-rI

イヤイヤ期「親もストレスを抱えない乗り切り方」を元保育士が紹介

こんにちは、てつこです。
私は今は台湾で日本語教師をしていますが、以前は日本で0歳と2歳の担任をしていた保育士でした。
子どもたちと触れ合うと、だいたい0歳は純粋無垢、比較的従順で反抗することが少ないです。
ですが2歳頃になると…喋られるようになった子ども達に自我が芽生え始めるんですよね。

その頃に発生するのが『いや!パパいや!ママがいい!』『保育園行きたくない!』と言うイヤイヤ期です。あんなに小さかった子どもたちが、自分の意思を持ちだした!
感動できる場面ですが、急いでいるお母さんお父さんにとって困る要因の1つですよね。

今回は、イヤイヤ期「親もストレスを抱えない乗り切り方」を紹介したいと思います。

「いや!いや!」ダダをこねて、何もしてくれない時の対処法

子どもが「いや!これほしい!」「いや!それきらい!」と言い出すと、急いでる時ほど「どうしたらいいんだ!」と疲れますよね。
でもこういう時こそ、お母さんとお父さんは絶対に子どもに怒ったりムスっとしないでほしいんです。そして子どもの話を聞いてあげてほしいです。

まず子どもがイヤイヤと言い出した時「お願いだから~」と泣きついてもまず言うことは聞いてくれません

イヤイヤ期の子どもを落ち着かせる最短の方法は、子どもが何が原因で泣いているか特定し、その原因を理解してあげることです

子どもは「おもちゃほしい~」とか言って泣きますが、実はしっかり話し合うことができれば、ほとんどの子はおもちゃを欲しがりません。子どもは要望が通してほしくて泣いたり、叫んだりするのではなく、自分の気持ちを理解してもらえないから泣いたり叫んだりしています。

大人と子どもを、現実の世界で例えれば
自分でプロジェクトを考え上司に提案したという感じです。

その時、上司Aから「何考えてるんだ!お前は私のプロジェクト案に黙って従っていればいいんだ!」と言われたら、ストレスが溜まりますよね。
一方で上司Bは「お!わざわざ自分で考えたのか!?うん…いいな!でも私はひとまず原案に沿ってに進めた方がいいと思うんだ。機会があったら次は君のプロジェクト案でやってみようじゃないか!」と言ったとします。

実際、これは却下されているので、自分のプロジェクトが使われる訳ではありません
でも「次は頑張るぞ」ってなりませんか?
子どもにも上司Bのように接してあげれば、たいがいの子は理解してくれます

もし買い物中、子どもが「これ欲しい!!」と座り込んだとします。
この時に『もう!この前買ったばかりじゃない!だめ!』と言わず、
『子ども:これ欲しい!!』
「あなた:どれが欲しいの?」
『子ども:このお菓子!』
「あなた:これ?うわあ美味しそうだね~私も食べてみたいな~本当においしそう」

と、まず子どもの意見を聞いてあげます。
そして『子ども:でしょ?(*゚▽゚*)』と一旦落ち着いたら、ここからわざと困った顔をします

「でも困ったなぁ。昨日(お母さん、お父さん)お菓子沢山買ったでしょ?私もこれほしいけど、食べ過ぎたら(~ちゃん、~くん)のお腹が痛い痛いなっちゃうなぁ…そうしたら~ちゃん、~くんお外に遊びに行けなくなっちゃうし…まだおうちにもお菓子沢山あるし…」

すると子どもからじゃあこうしたら?など提案してきたり、一緒に悩んでくれます。
とにかく困った感を演出してください。
そして最後に「まずは家のお菓子を食べてから、また買いにこようか」と提案します。
と理由を説明してから話すと、たいていの子どもは言った事を聞いてくれます。(子どもにも個性があるので絶対とは言えませんが、ほぼ効きます)

子どもはとても純粋で優しいので、お母さん・お父さんの困っている顔をみると譲歩する傾向があります。その心理を利用してイヤイヤ期を乗り切るのがポイントです。
大切なのは『子どもの主張を拒絶しないこと』。そしてもし例文のように『家にあるお菓子を食べてから買おう』と未来に約束をしていた場合。※約束は絶対に守ってあげてくださいね。

守らないでいると信用がなくなり、どう説得しても言う事を効かなくなるので、子どもが覚えている場合はきちんと守ってあげてください。

「自分でやるの!」への対処法

一番多いのが、子どもが『自分でくつ履くの!』と言って聞かない場合です。
実際服を着たり、靴を履いたりする時にイヤイヤが出る子が多いのではないでしょうか?
そんな時、ドアの前に立って「もう!時間ないんだから!」と言ってしまうのは絶対にだめです

あなたがもし身長が3mもある人から急かされたらどう感じますか普通に恐怖ですよね…子どもはうまく話せない分、大人の気持ちに敏感です。口に出していなくても「早くして」の気持ちは伝わっています。そんな時「はやくして」と、大人から上から言われるとどう思うでしょうか…?

なので子どもが『自分でやるの!』と言い出したら、「そっか」と言いながら、隣で同じ動きをします。『ここに足を?どうするのかな?』『次はこれを~どうするのかな?』と声をかけながら、一つずつ大人が誘導してあげるのがポイントです。

そしてある程度真似すると、もういいや~と投げ出してくれる子も多いです。(それか自分で履いてしまう子。もし履けたら一緒に喜んでくださいね)時間がかかりますがこれが一番最短です。

なぜ横で同じ動きをするだけで満たされるかというと、大人のちょっとした動作も子どもにとっては憧れの対象だからです。その大人と一緒にしてるだけでも、子どもは気持ちが満たされるんです。

まとめ

子どものイヤイヤ期には、相手を困らせてやろうの気持ちはみじんもありません。
ただ自分の存在を認めてほしい気持ちから起こるので、大変な時期ですが、まずお母さんお父さんが「私がいないと何もできない存在」と思って子どもに接するのではなく、一人の人として接してあげることが大切です

最後まで読んでいただきありがとうございます。

error: 右クリック禁止!!