アニメ

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」第4話・あらすじ、ネタバレを紹介

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
第3話・あらすじ、ネタバレを紹介

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」第4話・あらすじ

ついに魔法学園に入学したカタリナ。国外追放されても良いように、また学園内に畑を作り始める。その矢先、居心地がいいという理由で入り浸っていた生徒会で、天敵マリアと出会う…

第4話「魔法学校に入学してしまった…」ストーリー

第4話「魔法学校に入学してしまった…」

ついに魔法学園へ入学する事になったカタリナたち。学園では寮で暮らすことになり、素行の悪いカタリナを心配する両親だったが、無事引っ越しを済ませた。

カタリナの脳内で、ここまででゲームと展開が違う5つが判明する。
・実際のゲームではカタリナに好意を持っていないジオルドが、カタリナに好意を持っている
・キースは女たらしのチャラ男ではなく好青年に育っている
・ジオルドのおかげでコンプレックスの塊だったアランが、コンプレックスが解消され音楽の才能も開花している
・アランに恋するはずの婚約者メアリがカタリナに惹かれている
・ニコルの魔性の魅力はさらにパワーアップ

入学式後、珍しいお菓子があるからとジオルドの部屋に誘われるカタリナ。ちゃっかりついてきたキースに顔をゆがめるジオルド。お菓子を頬張るカタリナに、ジオルドは「光の魔力を持つ女の子に出会った」と告げる。それはまさしく「FORTUNE LOVER」の主人公マリアだった。

しかし、本当なら木に登ろうとしたマリアにジオルドが興味を持ち、恋愛フラグが立つはずだったが、カタリナが木登りを見ていたせいで、ジオルドはマリアに興味を持たなかった。次の日キースもマリアと出会うが、キースがチャラ男でなかったのでマリアをナンパしなかった

しかしジオルドとキースがマリアに攻略されつつあると勘違いしたカタリナは、国外追放された時のため、農民として立派に生きていけるように畑作りを始める。その様子を見て、ジオルドたちは笑顔になるのだった。

次の日、学年の成績が貼り出されていた。成績がトップのものは、生徒会に入会する事になっている。アランは3位でジオルドに負けていた。本来なら2位に入ったマリアをライバル視しするアランだが、すでにコンプレックスは解消されたのでアランは興味を示さなかった

その頃、カタリナは生徒会長のシリウスが歓迎してくれる生徒会に入り浸るようになっていた。そのおかげで、生徒会のマリアとも友達に。そこでマリアにお菓子を作ってもらうと約束をするカタリナ。

帰り際、いい匂いに誘われたカタリナがしげみに入ると、そこには令嬢にいじめられるマリアの姿があった。マリアが焼いたお菓子を地面に投げた令嬢を見て怒ったカタリナは、マリアを助ける。そして落ちたお菓子を食べ、美味しいと笑顔になる。微笑むマリアの顔にドキドキするカタリナ。そこにジオルドがやってくる。

その日の夜、カタリナは実際のゲームでマリアのお菓子を投げたのはカタリナ自身だった事に気づく。そしてそれを助けたのはジオルド。つまりカタリナは、マリアとジオルドに恋が進展する場面を奪ってしまったのだ。しかしマリアの脳内では、破滅フラグが無くなり結果的に良かった、という判断が下される。

「乙女ゲームの破滅フラグしかない
悪役令嬢に転生してしまった…」第5話
あらすじ、ネタバレ
関連記事